www.realvancouverwriters.com

一般的に任意保険というものは強制保険になっている自賠責保険とは違い自賠責保険の範囲ではまかなえない補償が可能になるとても大切な保険です。この任意の保険のポイントは自賠責保険の上乗せという役割で働きますので自賠責保険でまかなえる限度額を超えた場合に役立ちます。さらに自賠責保険には物的損害に対しては補償対象にならないので、そこまでカバーするためには任意保険にも加入しておくことをお勧めします。現時点で任意保険の保険料を納めている車を処分する時は国産車とかドイツ車などことは関係なく残金が返ってきます。これは国産メーカーの自動車を査定に出す場合でも同じです。自動車損害賠償責任保険、基本的にはかけたままにしておくのが常識ですが任意保険は誰でも加入する保険ではないですから、中途解約になります。それで任意保険を中途解約した後は、現段階で 納めている残存金額が返金されることになります。車買取が決定したとしても即任意保険をキャンセルすることはリスクが高いです。当たり前ですが即キャンセルすればそれだけ返ってくる金額は増加しますがもしかしたら車専門店が遠方にあって、自ら運んで行くような時は保険なしで車の運転をするはめになります。万が一のことを考えて、絶対にもう自分で自動車の運転をしない状況になるまで契約の解約手続きはすることのないようにする必要があります。車を処分して、即他の車を購入する場合であれば問題ないでしょうが、仮に車の運転をしない状態が継続して任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこうした任意保険未加入の期間がある場合、以前に継続していた等級が下がるので保険料の額が上がってしまいます。こういった時では「中断証明書」というものを発行してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」があれば最長10年は契約解除前の保険の等級を引き継ぐことができるのです。さらに13ヶ月以内でしたら発行してもらうことができるので仮に現在売られていて、「中断証明書」を出してもらっていないのでしたら、保険会社や任意保険の代理店にそのことを伝えてください。もしも新しくクルマを購入することになってその後前に持っていた自動車を買い取りしてもらう場合は任意保険は片方のみになってしまします。契約し直しということですから乗る必要がある車でしたら買取の際まで注意しなければなりません。さらに任意保険は車種など次第で保険料が大きく異なってきますので、自動車引き取りのさいは任意保険そのものを検討してみる良い機会とも言えますね。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.realvancouverwriters.com All Rights Reserved.